『喪女』とは?1分でわかるチェックシート!

【2017秋冬】服は20着が結論!iPhoneアプリで管理のすすめ。

こんにちは!黒歴史ブロガーのあこちゃわ(@bsrm_ohka)です!

「秋冬の服は何着あればいいの?」

「なんとなく買うけどコーデが難しい・垢抜けない!!」

 

いざ脱喪したいって思ったときに、今持ってる服はどうすればいいの?
何を何着くらい買えばいいの?って困ってる方。

かつてはあこちゃわも

「垢抜け 服 何着」

「秋冬 服 何着 女」

みたいなワードでグーグル先生にたずねる日々を送っておりました!
でも出てくる結果ってミニマリストの方々の節約コーデばっかなのよね。憧れるけどおしゃれじゃないぞん。

人並みにおしゃれをしたい!けどお金もそんなない!!

そんな方、必見です。

注意
ワードローブ(タンス)に服がいくつ必要か、わかる!

 

服は平均20~25着でOK。

あこちゃわのタンス。(トップス)

あこちゃわ

だいぶ売りさばいて、1/3くらいになったかな!
  • トップス…11着
  • ボトムス…7着
  • ワンピース…1着
  • コート…3着
  • スーツ、喪服、パーティドレス…各1セット
  • 計…24着(フォーマル系除いて21着)

 

と、ちょっとボトムス多いかな?くらいの数に収まってます。いつもボトムス買ってしまう派。
ちなみに春夏の服は18着です。ジーンズなど通年使えるものも多いので、一年通して合計36着がタンスに全部しまわれてます。衣替えの必要がなくて楽です♪

  • ちなみに、靴は雪国なので多めの7足。
  • カバン…5個
  • 帽子・ヘアアクセ…6個

と、小物はわりと多め。

 

いつも好きな服を着ることができる

「なぜ20~25着?」

と思った人。私のタンスにはボトムスが7着。戦闘態勢で待機しております。

全部のボトムスが私にとって1軍の精鋭部隊なんです。

なので、1つの武将に3~4人の側近を従えれば強固なコーデ軍が出来上がるわけでして。
難攻不落の城も少数部隊で、敵将打ち取ったりすることができるわけでして。

Devanath / Pixabay

 

ちょっと思わずキングダムみたいな展開になってきて、何言ってるかわかんなくなってきたので、話を戻します。キングダム面白いよね。

ひとつのボトムスで、3~4コーデ考えれば約1か月分のコーデの完成

StockSnap / Pixabay

20~25着がなぜ結論なのか?

答えは、7×3=21
と、約1か月分のコーデが出来上がるからなのです!
もっと言うと、1か月分のコーデを先に考えてしまえば、変に

「あの人いつも同じ服着てるよね」

みたいな印象を受けずに、かつそれなりにおしゃれを楽しむことができる。

イコール、「垢抜けてる人」に一歩近づくんです!

 

ボトムスを基準に考えると、各コーデに必要なトップスは約3着。
単純に考えると、トップスは21着必要になってくるのでは?とお思いの方。

ちょっとあこちゃわは部屋が狭いのと(小声)、お金がないのと(小声)、着回しを重視して(大声)トップスの数を絞ることにしました。

ボトムスのタンス。1つはフォーマル用

トップスの数を絞ったのは以前、なんとなくいいな~って思った服をなんとなく買ってた結果、あまりに似たような色や形の服ばっかりになっちゃって、着なくなる服が増えたから。

 

だったら、お気に入りの服を厳選して、常にタンスに入れて目に付くようにしておきましょう。

注意
着まわしやすい服を少数精鋭で持っておくと、まんべんなくコーデに使える!

 

季節の変わり目に、去年着なかった服は全部メルカリへ。

結構60着とか、80着、100着近く服を持ってる人っているんですよね。
でもその服って全部昨シーズンに着ましたか?

私も、1軍だけタンスにいれて、あんまり着ない服は2軍として段ボールにぶっこんでおりました。
でも2軍の服ってなにか理由があって着ないのよね。太って見えるとか、色が似合わないとか、がんばって買ってみたはいいけどなかなか着る勇気がないとか。

去年着なかった服は多分一生着ないので、「とりあえず2軍」の服は全部メルカリへGOですのよ。

注意
1軍の服だけでコーデを回すようにすれば、部屋は片付くし、朝の時間も短縮になります。
買い物も頭の中でコーデを組み立てやすいから、決断しやすい!

 

5年くらいヘビロテしてる服はもう限界だと思うの。

出典:just Melody 2nd

逆にお気に入りの服をもうずっと着てる人。すごいよくわかる。自分でも似合ってる感覚あるし、着やすいし。

でも、あまりにもヘビロテしてる服ってもうそろそろ寿命じゃないか、一度チェックしてみましょう。

定期的にメンテナンスしてたり、リペアしてない限り、

 

  • ジーンズにひざの位置が形状記憶されている
  • トップスの襟がふにゃふにゃになってる
  • コートの袖が擦り切れている

 

そんな服は、残念ながら買い替えの時期です。
メルカリはちょっときついから、古着屋で10円にでもなったら儲けもんくらいの感覚でバイバイバタフリーしちゃましょう。

バイバイバタフリーは泣ける。映画見てないけど、リアルタイムで見て泣きました。小学2年生くらいの思い出。
映画見に行こうかな。(蛇足)

 

自分の持ってる服をスマホに記録。ワードローブ管理アプリが無料!

クローゼット - おしゃれな服装のファッションコーディネートをサポート

クローゼット – おしゃれな服装のファッションコーディネートをサポート
開発元:Ryosuke Hazuki
無料
posted with アプリーチ

今やこのアプリなしじゃ買い物行けません。

このアプリがあれば、お店でちょっと気になる服を見つけたときに、手持ちの服が合うかどうか簡単にチェックできるんです!

 

「買ったけど、よく見ると同じような服持ってた」

「かわいいから買ってみたけど、今持ってる服と合わない」

みたいな無駄がないんですよね。
シンプルイズビューティ。気分はミニマリスト。グローバルスタンダード(?)

 

「無駄なものは何も持たない…持ってる服?全部暗記してるわ。」

みたいなね。いつかやってみたい…エセミニマリストとして。

 

持っている服を一目で判断!

こんな感じに、持ってる服が一覧表示にずらっと表示されるのでパッと確認しやすい。
「ボトムス」「シューズ」など、自分でカテゴリーを決めてまとめることができます。

アイテムごとにシーズンを設定できるので、冬服だけ見たい場合もらくらく。

 

コーデも「作りおき」できる。

買ってみた服全部を自宅でファッションショーしてコーデ作るのってめっちゃ時間かかる。
コーデの幅・組み合わせを考えておくのにもオススメ。

アプリでシュミレーションした結果コーデ。家は狭い。

こんな風にあらかじめ組み合わせを考えておいて、保存もできちゃうのでいつでも見返すことができます。
「コーデを作りおき」しておくと朝の忙しい時間もはかどりますよ~!

こんな感じ。恥ずかしいのでちょっとぼかしました。

注意
無料アプリで、コーデは作り置きしておくと楽!

ちなみに、昔作ったダサいコーデも下の方に保存してます。あこちゃの過去の戒めとして。

無料で、オフライン。SNS的機能がないからシンプル。喪女にやさしい。

いいねとか、フォローとか、自分の持ってる服が評価されたりコーデが評価されることがないから、自信がない喪女にもやさしい。

これが私の一番の決定要因でした。

あくまでワードローブ管理。あくまで自分の記録用。
失敗しても誰にも笑われない…(歓喜)コミュ障にオススメ!!!

使い方

たとえば、このパーカーをアプリに登録してみます。

 

「クローゼット」AppStoreで開く

 

 

「トップス」カテゴリーを選択して完了!

そのほか、上のタブでコーデの画面に行ったり、グループ名も変更・編集できるので操作はカンタンですよ。

MEMO
追伸

Androidユーザーにはダウンロードできないらしいです。

Smart Closet - Your Fashion Style / Outfit Ideas

Smart Closet – Your Fashion Style / Outfit Ideas
開発元:RKK
無料
posted with アプリーチ

このSmart Closetアプリが体感似てるかな?満点レビューがほとんどなので、Androidユーザーはこちらを試してみてくださいね。
 

まとめ

  • 服は20~25着がタンスにすっぽり入って管理しやすい
  • 1か月分くらいのコーデが考えれるくらいの着回ししやすい1軍を用意する。
  • 2軍の服たちは一生着ないと思って断捨離!
  • 「クローゼットを持ち運ぶ」感覚のワードローブ管理アプリが無料でオススメ!

 

あこちゃわ

いつもタンスに着たい服だけが入っていると、宝箱を開けたみたいにワクワクしますよ。アプリはもう私にとっては必需品です。では、また!

参考書物

ちなみに、こちらの本。かなり有名な本ですが、有名になるだけのことはあって読むと断捨離に拍車がかかります。
実際あこちゃわも50着以上の断捨離を決行しました。加えて、自分に自信を持つコツが書いてあるので自信をなくしがちな喪女にはさらにオススメ。
電子書籍なら半額以下なので、買っておく価値はありますよ!

漫画版も読みやすくてオススメですっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA