『喪女』とは?1分でわかるチェックシート!

プロフィール:あこちゃわってどんな人?

はじめまして!

雪国の地から、あこ@bsrm_ohka)と申します!

当ブログ「一億総しゃれおつ社会」にお越しいただき、ありがとうございます。

 

このページでは、

  • このブログは?
  • あこちゃわとは?
  • 今後の展望

など、お話していきたいと思います!

 

このブログは?

「一億総しゃれおつ社会」は、

  • ファッション初心者・基礎について学びたい人へ向けた「脱・喪女術※男性歓迎
  • 今後の生き方について。人生一度つまづいた人に「休職してからのマインド・生き方」
  • あこちゃわが自ら体験してみて、心からオススメする「ライフスタイルをより良くするサービス・モノ」
  • サブカルを愛してやまない。サブカル」

以上、大きく分けて4つのテーマで発信しています。

 

きっかけ

現在わけあって(割と結構なレベルの「わけ」ですが)現在うつ病で自宅療養生活を続けています。

健常者にとっては、働いてるわけでも遊んでいるわけでもない、死人のような状態でした。

 

でも、ふと「生きることって、それが全てなんだろうか?」

なにか自分の体験や考え、勉強したり覚えたことを発信出来たら。それで何かを感じてくれる人がいたら。それが「生きる」ってことなのでは。と思い、

 

生きたい!

と思った次第でございます。

 

そこで、今までの人生を振り返ってみると。

 

28歳。アラサー。

中高生の頃なんかは、20代後半ともなれば

  • 結婚してて、子供がいて、おしゃれな奥様
  • 趣味は読書小物づくり。おしゃれな趣味。
  • 料理上手で、おしゃれ。
  • ゆったり、昼下がりを過ごす生活。
  • 言葉遣いも丁寧で、大人の女性感が素敵。いい匂い。おしゃれ。

なんとなく、成熟していて落ち着きのあるおしゃれなオトナ、を想像していました。

 

対して、実際には…

  • 彼氏はいるけど、子供は作るとかの次元じゃない!!
  • 趣味は書道!とゲーム!正確にはゼルダの伝説とスプラトゥーンとポケモンとマインクラフト。というか、なんかゲーム以外にも他にいろいろある気がしたけど仕事でそれどころじゃない!
  • 料理つくれない!生姜焼きって、豚肉に生姜のっけて焼くものだと思ってました。すっごい硬くて味のない肉が焼けました(てへぺろ)
  • 毎日、朝5時に起きて、夜も家で持ち帰った仕事をこなす生活。ごはん食べたらすぐ就寝
  • だんだん、人生が仕事と家の往復の生活に。服は適当、メイクも手抜き。髪もボサボサで、1年以上髪切ってませんでした。いい匂いではない(優しい表現)
  • 毎日、仕事仕事。職場では部下を呼びつけ怒鳴り、言葉遣いとかも最悪。女のそれじゃねえ。お肌もストレスで荒れるよ!

 

なんだか、中身は女子高生かそれ以下のまま仕事だけやってるガサツな女という、現在はその称号をもらってしまっておりまして。

あこちゃわ

ガサツな部分はもともとの性格かも…

 

いままで、なんとなくあった目標には1mmも届いてなかったようです。

このままでいいのかな…?

 

具体的に言うと、

 

このままのこのクソブス状態でいいのかな?

 

と思い、やっと人生の勉強や経験を積み始めたところです。

 

同時に、今わたしが持ってる知識で誰かの助けになればと思い、
まるで過去の自分に言い聞かせるように、ファッションについて考察しています。

もし同じように悩んでいる人に、共感・参考にしてもらえたら、こんなうれしい事はないです。

 

あこちゃわとは?

先ほど軽く触れましたが、

  • 28歳
  • AB型
  • 人見知り
  • おしゃれとは無縁な学生生活の経験
  • 超絶努力の末現在婚約中
  • 社畜
  • 女子力高くない(優しい表現)
  • うつ病休職中←new!!

 

趣味・好きなこと

  • ゲーム(ポケモン、ドンキー、ゼルダ、moon等)
  • マンガ・アニメ(JOJO、パプリカ、四畳半神話大系、パンティー&ストッキング等)
  • Perfume
  • ももいろクローバーZ
  • おしゅしグッズ集め
  • 演劇鑑賞
  • たまに下ネタに関する研究論文を発表します

 

特技

  • 書道(書歴18年)
  • 書道師範代資格取得
  • 北海道知事賞・市民展大賞受賞
  • 実はトランペットが吹ける
  • 実はエレキベース弾ける
  • 実はバタフライ泳げる
  • 実は握力40越えてる
  • 実は東大で学会の発表経験あり
  • ポケモン北海道大会2位(笑)

ざっくり、こんなプロフィールです。

 

ゲーマーと変人の礎を築く。子供時代

なんかよく覚えてないけど影響されやすい子だったのかな。お絵かきが好きで、いつもセーラームーン(美少女)スーパードンキーコング(ゴリラ)を描いてたなぁ。

多分ゴリラ描いてたのは、家にスーファミがあって、両親が暇さえあればプレイしてたからだと思う。
あ、今でも実家帰ったらたまにやるけどすっごく面白いです。ドンキー。(宣伝)

小学校上がってからはコロコロコミックが男子小学生のバイブルといわんばかりのハマりようで、ミニ四駆のサイクロンマグナムハリケーンソニックネオトライダガーZMCからはじまり、ビーダマンにハイパーヨーヨー、遊戯王、ゲームはポケモンにドラクエにボンバーマンにスマブラと、男の子とばっかり遊んでた。

だって女の子はミニ四駆一緒にやってくれないんだもん。ぷよぷよくらいは一緒にやってくれたけど。

ちなみに、小学生のころから書道は通っていました。現在まで続けていて、師範の資格を所持しております。

 

ファッションを知らない。JC・JK・JD時代

男子とばかり遊んでたからか、おしゃれというものにまっったく興味がありませんでした。これはやばい。でも当時はなんにも考えてなかった。ある意味幸せ。

徐々に思春期の波に流されてか、圧倒的に女子の友達が増える。

特に高校・大学は演劇部を合計7年間続けていて、今でも交流がある人達ばっかり!ありがてぇ…

(あ、でもだんだんやっと見た目に気を付けるようになりましたよ!参考資料とか無さ過ぎて、ドラクエの攻略本とかを参考に長めのTシャツをベルトで絞ってズボンにブーツとかはいて村人Aみたいな恰好を真顔でやってた…けど…(黒歴史)

 

就職メルトダウン。大人時代

3.11の地震の影響でか、その年の就活生は就職氷河期ならぬ、「就職メルトダウン」世代と言われ、「奇跡の一本松」世代だとかなんとかかんとか、友達も就職決まらず組が大勢いました。

そんな中、途中挫折しそうになるも結構がんばって就活しました。

第一志望(メーカー)には落ちたものの、接客経験があったからか、なんとなく受けた企業(営業)に内定…

「ワシの場所はここっちゅう事じゃけ…ここで…ここでいっちょ、華(はな)咲かせたる!!」

当時が一番調子に乗ってた気がします。申し訳ございません。
とはいえ、
上司や同期にも恵まれ、特に不満なく(挫けそうになったことはあったけども)

楽しく働いておりました。

 

休職にいたるまで。

はい。ここでさっきから何回か触れていますが、急転直下の出来事が起こりました。休職です。

とはいってもここにいたるまでの流れとしては、

  • 転勤
  • ワンオペ
  • うつ病

の3本でお送りいたしま~す。

 

この業界(小売の正社員)ではよくあることで、転勤の辞令を受けまして、通勤1時間の職場へ。

昇進し晴れて男社会の中、最年少・女性中間管理職の肩書をいただきました。

  • 任せられる仕事・やりがいのある仕事が増えたこと
  • 給料が増えたこと(特にボーナス!)
  • 評価が上がったこと

は、とても嬉しかったです。

 

ただ、急激な人手不足から仕事量が劇的に増えたこと

もともとやってた仕事も、もちろんそのままこなさなければならないこと

男手が必要な力仕事も、私一人でやらなければならない日も多くあった。

慣れない管理職の仕事も要領を得ずに時間内に終わらない。

 

余裕が全くない状態が続き、部下の人たちも不満を抱えていたのでしょう。

部下から、上司経由で私の最近の言動について指摘されることもありました。(反省します)

 

とはいえ、自分がまずしっかり仕事をこなさなければ、部下に迷惑が及ぶ、と思い、

自分の朝食・昼食休憩を抜くのは当たり前、睡眠時間趣味の時間も削って、がんばって、がんばって、がんばって…1年。

 

気づけば、体重は6キロ減。

 

家に帰っても、寝ても、仕事のことばかり考えるようになって、毎日家で泣いて、泣きながら仕事していました。

(それでも、職場の同僚や先輩・後輩には励ましたりしてもらっていました…有り難い)

 

それが、職場でなんでもない、ただ少し改善点を指摘されただけ。

それだけのタイミングで、ひどく悲しくなって涙が出てきたときに、

 

やばい

 

と、思って、ふと

「この生活はいつまで続くんだろう?

「この苦しい毎日はなんなんだろう?」

「この時間は未来に何の役に立つんだろう?

「今、私は貴重な人生の時間をお金に換金してるだけなのでは」

 

 

まもなく、

体の、正確には胃と心臓が立ってられないくらい痛くなって、うつ病が発覚しました。

 

支え

jill111 / Pixabay

支えは、なんだかんだ、やっぱり親と婚約者でした。

 

辛かったら、帰っておいで

いやだったら、辞めたほうがいい。辞めちゃいなよ。いいんだよ。よく、がんばったね

 

その言葉が本当にうれしかった。

 

いつのまにか、意地になってる自分がいたみたいで、

こんなことで辞めたらやっぱり女は、と言われる

ギリギリまで普通を装って

かっこ悪いところは見せられない

人見知りの、無意識に壁を作るそんな性格も災いしたのかもしれません。

無性にうまくいかない事が悔しくて、気にしてない自分を演じてたんだと思います。

 

 

毎日目を腫らしてた自分は、ひとまずいなくなりました。

現在、休職中の身です。

今後の展望

今まで、特に深く考えずに生きてきた27年間の中で

今が一番どん底

なんだと思います。

 

後悔はしようと思えば、なんぼだってできます。

でも、今やりたい事を少しずつでもやっていって、

会社に頼らないでも生きる道を歩めて行けたら。

 

後悔する前に、社会人になってからサボっていた勉強を、一歩一歩学んで行こうかと思っています。

 

自分らしく生きたい。

 

目標は、30歳までに

この2年を全力で楽しんだ!と思えたら、いいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA